デリケートゾーンの黒ずみに効果的な美白有効成分について教えて!

美白有効成分黒ずみについて

デリケートゾーンの黒ずみはもちろん、シミやそばかす、お肌のくすみに効果的な成分はたくさんあります。

医薬品などの有効性や安全性について定められた薬機法という法律において、医薬部外品の中には約20種類の美白有効成分という成分があり、その美白有効成分は、法律的に効果が認められている美白成分ということになります。

その美白有効成分以外は、『美白』や『シミやそばかすを防ぐ』といった表記ができません。なぜなら、美白効果の有効性や安全性が確保できていないからです。

 

ということは、デリケートゾーンの黒ずみを美白クリームなどで治そうと思ったなら、美白有効成分の入った商品を選んだ方がいいに決まっていますよね?

 

美白有効成分について知っておかないと、美容液やクリームを購入して失敗なんてことも…

 

そこで、これからデリケートゾーンの黒ずみに用いられる美白有効成分やその効果についてお話していきます。

この記事を読んだらわかること
  • デリケートゾーンの黒ずみに効果的な成分の条件
  • 厚労省認可の代表的な美白有効成分
  • 肌の漂白剤「ハイドロキノン」はあり?なし?

 

デリケートゾーンの黒ずみにはどんな成分が効果的?

まず、デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、大きく3つの要素が必要になってきます。

ポイントは、『美白』『美肌』『保湿』です。

デリケートゾーン黒ずみ解消に大切な3大要素
  1. 黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制する(美白)
  2. お肌のターンオーバーを活性化させる(美肌)
  3. 黒ずみの原因になる乾燥を防ぐ(保湿)

黒ずみ解消というと、「美白」というイメージが先行してしまいますが、美白自体は”メラニンの抑制”を意味していて、それに続き、ターンオーバーで美肌を促し、黒ずみの予防である保湿までできて初めて完了となるわけです。

それでは、少し掘り下げてみてみましょう。

 

【美白成分】黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制する

黒ずみに対して最初にピン!とくるのが美白ですよね!

デリケートゾーンの黒ずみをきれいにしようと思ったら、美白成分は必要不可欠な存在です。

 

下の図のように、デリケートゾーンなどの黒ずみは外部の刺激により、メラニンが生成されて起こるものです。

黒ずみ発生のメカニズム

画像:ハーバルラビット公式

この、メラニンを抑制することが美白に繋がるわけですが、厚生労働省認可の美白有効成分には黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

ですから、当然のことですが、黒ずみの元であるメラニンの生成を抑制する美白有効成分は最も重要な成分だということになります。

 

【化粧品に使われる代表的な美白有効成分】

✔ トラネキサム酸
✔ アルブチン
✔ ビタミンC誘導体
✔ プラセンタエキス
✔ ハイドロキノン

 

【美肌成分】お肌のターンオーバーを活性化させる

お肌が生まれ変わるサイクルのことをターンオーバーといいます。

正常なサイクルの場合は、約28日で新しい皮膚に生まれ変わります。

お肌のターンオーバー

画像:肌あれの症状・原因|くすりと健康の情報局

美白成分でメラニンの生成を抑制しても、このターンオーバーが正常に機能していないとなかなか黒ずみがなくなりません。

ですから、早く黒ずみをきれいにするためにも、ターンオーバーを活性化させるような美肌成分もあわせて活用するのがおすすめです。

 

【保湿成分】黒ずみの原因になる乾燥を防ぐ

お肌が乾燥しているのは好ましくないということは大体お分かりかと思います。

乾燥している状態ということは、水分が失われているということなので、乾燥によるシワができたり、外的要因からのバリア機能が低下します。

また、ターンオーバーに悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

デリケートゾーンは下着の影響も含め、摩擦が起こりやすい部分です。

摩擦すると乾燥しやすい状態となってしまうため、黒ずみが起こりやすい環境になってしまいます。

 

そうならないためにも、デリケートゾーンにおいても保湿することは大変重要になります。

 

厚生労働省が認可している美白成分一覧

厚生労働省

デリケートゾーンの黒ずみに用いられるクリームなどのほとんどが医薬部外品となっています。

よく耳にすることも多い「医薬部外品」という単語ですが、どんな意味なのか簡単にご紹介します。

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。

引用:ウィキペディア「医薬部外品」

 

分かりやすく言うと、「長期的に使い続けると症状の改善効果を与える」ということです。

 

この医薬部外品の中に、厚生労働省に認可されている美白有効成分というものがあります。

約20種類ほどあるのですが、これらが配合された化粧品や美容液に関してのみ、以下の表記が使用できることになっています。

  • 「メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ」
  • 「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」
  • 「美白」

 

 

厚生労働省認可の美白有効成分が入っているかいないかで大きな差が出てしまうのですが、ここからは実際に美白有効成分について個別にみていきましょう。

 

美白有効成分一覧

基礎化粧品などによく使われている美白有効成分について解説していきますが、代表的な基礎化粧品や黒ずみクリームで使われている商品名も補足していますので参考にしてください。

 

アルブチン

資生堂が開発し、特許を取得していた厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。基礎化粧品をはじめ、内服薬としても広く使われています。

チロシナーゼという黒いメラニン色素を生成する酵素を抑制する働きがあります。

FUJIFILM「アスタリフトホワイトシリーズ」、ディセンシア「サエル」など

 

ビタミンC誘導体

美白効果のほかにも、ニキビの改善などにも効果の期待できる成分です。

ビタミンCとしての効果の安定性が不安材料とされていますが、最近では改良も進んできています。

ドクターシーラボ「VC100エッセンスローションEX」、ハーバルラビット、ホワイトラグジュアリーなど

 

カモミラET

メラノサイトにメラニンを生成するように情報伝達する物質「エンドセリン」を抑制します。

消炎作用もあるため、ニキビケア商品にも広く活用されています。

ソフィーナ「ホワイトプロフェッショナル」、キュレル「美白美容液」など

 

トラネキサム酸

資生堂が開発した厚生労働省認可の美白有効成分。

メラニンを生成するメラノサイトそのものを抑制し、肌荒れにも効果があります。低刺激なのでデリケートゾーンの黒ずみクリームには多く使われています。

イビサクリーム、ヴィエルホワイト、パーフェクトワン「薬用ホワイトニングジェル」など

 

ルシノール

POLAが開発した厚生労働省認可の美白有効成分。

メラニン生成の過程にある酵素チロシナーゼとチロシンの合成を防ぐことにより、メラニンの生成を抑制します。

ポーラ「ホワイトショットシリーズ」、ホワイティシモ「薬用ミルキーホワイト」など

 

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出された成分で、メラニン生成を抑制する効果だけでなく、代謝を促進することによりターンオーバーを促します。

メラニン抑制とターンオーバーを促すため、水溶性プラセンタとして黒ずみクリームにも多く使われています。

ハーバルラビット、ホワイトラグジュアリーなど

 

リノール酸S

メラニンの生成に必要な酵素であるチロシナーゼを分解する働きがあり、同時にメラニンを排出する機能も兼ねそろえている美白成分です。

肌をなめらかにする効果もあるため、スーパー美白成分ともよばれています。

エクイタンス「ホワイトロジー ローション」など

 

エラグ酸

ベリー系の植物で知られるポリフェノールの一種で、メラニンの生成に必要なチロシナーゼの働きを阻害する効果があります。

天然由来成分なので敏感肌などのお肌が弱い方にも使いやすい美白成分です。

DHC「ホワイトエッセンス」、パーフェクトワン「コンセントレート」など

 

ニコチン酸アミド

水溶性のビタミン、ナイアシンの一種で、別名ナイアシンアミドともよばれています。

メラニンが表面化するのを抑制します。

SKⅡ「セルミネーション mask-in ローション」、カネボウ「リサージ コラゲリードa」など

 

コウジ酸

日本酒やしょう油などを作る際のコウジ菌がつくり出す物質です。

チロシナーゼの働きを抑制する効果がありますが、美白効果というよりは予防効果があると捉えた方が良いかもしれません。

白澄XX「美白美容液」、三省製薬「デルメッド」など

 

エナジーシグナルAMP

大塚製薬が開発した厚生労働省認可の美白有効成分。

代謝を高めてターンオーバーを促すことによりメラニンを排出させる効果があります。

大塚製薬「リジュブネイトシリーズ」など

 

 

特に代表的な美白有効成分について簡単にご紹介しましたが、あなたが美白について少し詳しいのであれば、あの強力な成分が抜けていることにお気づきかもしれません。

 

そう、ハイドロキノンです。

 

当サイトはデリケートゾーンの黒ずみに特化しているため、刺激の強いハイドロキノンを推奨しません。理由についてはこれからお話しますね!

 

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは不向きな理由

デリケートゾーンを含め、黒ずみケアの美白成分として強力かつ有名なのがハイドロキノンという成分です。

その効果は『肌の漂白剤』ともいわれるほどです。

 

「それくらい効果があるのならば、手っ取り早いし使ってみたい!」

 

と思うかもしれませんが、結論から言うと、ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに対して不向きです!

なぜならば、ハイドロキノンは効果が強力な分、刺激が強く、特にIラインや女性器の粘膜に使用すると痛みやかぶれを引き起こす可能性があります。

ハイドロキノンの現時点での安全性は、2%以下の配合において毒性や発がん性は問題ないとされており、まれに軽度の皮膚刺激を起こす可能性があるものの総合的に皮膚刺激はほとんどありませんが、重度の眼刺激性があり、強い皮膚感作性があるため、安全性の低い成分であると考えられます。

引用:化粧品成分オンライン「ハイドロキノン」

 

また、美白効果が強力であるがゆえに白斑という白い斑点ができることもあり、一生後悔することにもなりかねないのでデリケートゾーンへの使用はおすすめしません。

皮膚科や美容クリニックでも、ハイドロキノンのデリケートゾーンへの使用は推奨していないところがほとんどです。

 

白斑ってなに?

一言でいうと「肌の色抜け」のこと。
色物の服に漂白剤を付けると白く色抜けしてしまいますが、それと同じ現象がお肌に起きてしまうことを白斑といいます。5%程度までの濃度のハイドロキノンだと白斑の心配は少ないといわれますが、リスクが高いことは覚えておきましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果的な美白有効成分「トラネキサム酸」

20種類ほどある厚生労働省認可の美白有効成分を抜粋してご紹介しましたが、ご覧いただくとわかるようにそれぞれ特徴があり、化粧品メーカー各社から様々な商品が販売されています。

 

どれも厚生労働省が認可した美白有効成分なのですが、デリケートゾーンの黒ずみにおすすめしたい成分がトラネキサム酸です。

トラネキサム酸がおすすめの理由
  • メラニン生成の肝であるメラノサイトに直接働きかける
  • 美白だけでなく肌荒れにも効果がある
  • 医療の現場でも肝斑(※)治療の内服薬として扱われてきた実績がある
  • ハイドロキノンと比較して低刺激

※肝斑(かんぱん)というのは、ほほ骨に沿って左右対称に出る薄褐色のシミのことですが、30代以降の女性が気になっているシミの約4割がこの肝斑といわれています。

この肝斑もデリケートゾーンの黒ずみも、原因はメラニンによるものであるため、対策方法として考えるならば、肝斑治療でも実績のあるトラネキサム酸が一番おすすめというわけです。

 

【まとめ】デリケートゾーンの黒ずみには美白有効成分入りの商品を選ぶこと!

デリケートゾーンの黒ずみに効果的な成分を知りたいと思っているあなたのために、成分を中心としてお話してきました。

最後に、ここまでお話してきたことをまとめてみたいと思います。

✔ 黒ずみを美白するためには医薬部外品の商品を使う

✔ 厚生労働省認可の美白有効成分が配合されている商品を使う

✔ 美白成分に加え、美肌成分や保湿成分も配合されていることが重要

✔ デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白有効成分はトラネキサム酸

✔ ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみには向いていないので注意する

 

様々なデリケートゾーンの黒ずみ用のクリームなどが販売されていますが、選ぶ際には上記のことには是非注目してください。

そのうえで、価格や使いやすさなど、あなたの好みに合わせて選んでみてくださいね!

 

デリケートゾーンの黒ずみケア用クリームの選び方や、口コミや人気から選んだおすすめ商品ランキングはこちらの記事でもご紹介しています。↓