気になるデリケートゾーンの黒ずみのお悩みをサポートします!

デリケートゾーンの黒ずみ解消法

「彼氏にデリケートゾーンの黒ずみを指摘されてショック…」

「デリケートゾーンの黒ずみが恥ずかしくて温泉やプールにいけない…」

「黒ずみのせいで、遊んでないのに男遊びしてると思われそう…」

あなたは今、そんな悩みを抱えていませんか?

実は、デリケートゾーンの黒ずみに関して、多くの女性が悩みを抱えています。

そして、悩んでいる方の多くが、「黒ずみの解決方法がわからない」と思っているんです。

 

これから、デリケートゾーンの黒ずみに関して、原因や治す方法、間違った解消法や様々な疑問などを詳しく解説していきます。

できるだけ分かりやすく、簡潔にお伝えしようと思いますが、お時間のない方はブックマークやお気に入りに追加して、後からでもご覧くださいね!

この記事を読んだらわかること
  • デリケートゾーンの黒ずみ4大原因
  • デリケートゾーンの黒ずみ度合いや程度
  • デリケートゾーンの黒ずみを治す方法3選
  • 市販薬でデリケートゾーンの黒ずみを治すことはできるのか
  • デリケートゾーンの黒ずみに効果のある「美白有効成分」について
  • 家にあるものや自分でできるデリケートゾーンの黒ずみ解消法は効果なし?

 

  1. 【知れば予防できる!】デリケートゾーンの黒ずみができる4大原因
    1. 1. 摩擦による肌へのダメージ
    2. 2. 間違ったムダ毛処理の方法による影響
    3. 3. 過度の洗浄や間違った洗い方
    4. 4. ホルモンバランスの変化によるターンオーバーの乱れ
    5. 【一目でわかる!】デリケートゾーンの黒ずみの原因に関するまとめ
  2. デリケートゾーンの黒ずみ(色)はどれくらいが普通?
    1. デリケートゾーンの黒ずみってどこの部分のこと?
    2. デリケートゾーンの黒ずみの程度や度合い
  3. 【効果あり!】デリケートゾーンの黒ずみを治す方法3選
    1. 【一番人気】デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム
    2. 【ややリスク高】皮膚科や美容皮膚科(クリニック)でのレーザー治療
    3. 【安いけど効果薄】デリケートゾーン用石鹸
    4. 【一目でわかる!】デリケートゾーンの黒ずみをきれいに治す方法まとめ
  4. ドラッグストアなどの市販薬でデリケートゾーンの黒ずみは治る?
    1. ネットで噂の市販薬はデリケートゾーンの黒ずみに効果があるの?
    2. デリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは「美白有効成分」
  5. デリケートゾーンの黒ずみは美白有効成分で治す!
    1. デリケートゾーンの黒ずみに効果のある「美白有効成分」とは
    2. デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白有効成分はトラネキサム酸
    3. ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに使用すべきでない理由
    4. 【一目でわかる!】美白有効成分についてのまとめ
  6. やっても効果なし?家で自分でできる黒ずみ解消法
    1. ネットで噂の方法でデリケートゾーンの黒ずみに効果があった例はほぼなし
  7. 【一時的に対処!】水着からはみ出るデリケートゾーンの黒ずみを隠したい!
  8. 早くデリケートゾーンの黒ずみを改善するには何か始めてみることが重要!

【知れば予防できる!】デリケートゾーンの黒ずみができる4大原因

デリケートゾーンの黒ずみができる4大原因

デリケートゾーンの黒ずみができてしまうのには、当然ながら黒ずんでしまう原因があるんです。

これから大きく4つに分けて、デリケートゾーンの黒ずみの原因についてお話していきます。

 

黒ずみの原因を知ることで予防にもつながりますし、あなたの生活習慣に問題があるかもしれませんので、ぜひ知っておいてくださいね!

 

ちなみにですが、男性が勘違いしがちな「遊んでいる女はあそこが黒い」というのは根拠のない都市伝説なので安心してください!

それでは、本当の原因について解説していきます。

 

1. 摩擦による肌へのダメージ

一番身近であり、重大な原因となるのが「摩擦によるダメージ」です。

下着やナプキンによる摩擦は、デリケートゾーンの黒ずみの原因に最もなりやすいともいわれているんですよ。

 

股の部分は、動いたときに必ずといっていいほど下着やナプキンとでこすれてしまいますよね?

股の内側からデリケートゾーン周辺にかけては皮膚が弱い部分なので、摩擦が起こると皮膚に刺激が加わり、黒ずみの元となるメラニンを生成してしまいます。

 

摩擦によるダメージは、太っていようが、痩せていようが、下着のサイズ選びが悪いとより一層起こりやすくなります。

また、下着やナプキンの素材が影響する場合もあるんです。

 

2. 間違ったムダ毛処理の方法による影響

あなたはデリケートゾーン周辺のムダ毛処理をしますか?

 

ムダ毛処理というと、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のような、脱毛サロンでの脱毛方法が一般的になってきていますよね。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、毛母細胞や毛乳頭のメラニンに熱を照射することで脱毛を行うという方法です。

 

注意したいのが、もしも、皮膚の奥にメラニンがたまっていると、光が皮膚のメラニンにも刺激を与えてしまい、黒ずみを起こす原因になる場合があるんです。

この現象を改善するための脱毛器具が、サロンによっては導入されていますが、脱毛を行った後は必ずアフターケアを怠らないようにする必要があります。

 

また、『脱毛はお金がかかるから、カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理を行う』という方も多いと思いますが、その場合には特に注意が必要です。

 

カミソリや電気シェーバーは、微量ながらも皮膚を削ってしまうため、お肌にとっては大きなダメージとなり、黒ずみの元であるメラニン生成の原因になってしまいます。

【補足】
すり傷が黒ずみになってしまうことがありますよね?
カミソリや電気シェーバーは、それと同じ状況を作りかねないとイメージしていただければと思います。

 

3. 過度の洗浄や間違った洗い方

意外かもしれませんが、過度に洗いすぎたり、間違った洗い方をしてしまうことも黒ずみの原因になります。

特に、洗い方に関しては、デリケートゾーンの臭いを気にしすぎる方にありがちです。

黒ずみと臭いを比べれば、どうしても臭いのケアを優先したくなりますが、洗い方に注意が必要です。

 

デリケートゾーンを含め、私たちの体には自浄作用があるため、過度に洗いすぎると、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。

お風呂で洗う時には手で優しく、泡で洗うような気持ちで洗いましょう。

 

また、トイレでの拭き残しやおりものが気になる方は、デリケートゾーン用のワイプシートやウェットティッシュを使うことも多いと思います。

使いすぎはもちろん、オーガニックな商品や保湿成分の入ったものを使うようにしましょう。

 

さらに、トイレでいうと、トイレットペーパーで強く拭きすぎのもよくありません。

外出先ではどうしようもない場合もありますが、ビデなども使い、トイレットペーパーで拭きすぎず、水分を吸わせるようなイメージで拭きとるようにしましょう。

 

4. ホルモンバランスの変化によるターンオーバーの乱れ

お肌(皮膚)の生まれ変わりのサイクルのことをターンオーバーといいますが、およそ28日周期だといわれています。

このターンオーバー、30代~40代を過ぎてくると、40日から50日と周期が遅くなってしまい、結果としてシミやしわ、色素沈着の原因となってしまいます。

 

加齢によるものは仕方のない面もありますが、生活習慣や妊娠・出産などのホルモンバランスの変化によってターンオーバーが乱れてしまう場合があります。

そうなると、20代であっても肌にハリがなくなったり、デリケートゾーンの黒ずみに関していうと、蓄積されたメラニンを排出することができなくなってしまうわけです。

 

【ホルモンバランスが乱れる要因になりやすいこと】

✔ 不規則な生活や睡眠不足
✔ 偏食や栄養不足
✔ 運動不足
✔ 過度のストレス
✔ アルコールの過剰摂取や喫煙

 

これらを注意して生活すれば、デリケートゾーンの黒ずみだけでなく、お肌全体の調子やPMSなども改善するので、できることから始めてみてくださいね!

 

【一目でわかる!】デリケートゾーンの黒ずみの原因に関するまとめ

デリケートゾーン黒ずみの原因についてご紹介しましたが、簡潔にまとめてみます。

 

【デリケートゾーンの黒ずみの原因】

・下着や衣服、ナプキンなどの摩擦
・脱毛やムダ毛処理によるダメージ
・過剰な洗浄(洗い方)によるダメージ
・ホルモンバランスによるターンオーバーの乱れ

デリケートゾーン黒ずみの原因は、生活習慣の積み重ねによるものなので、少しでも気を付けることで早期改善や予防につながります。

 

デリケートゾーンの黒ずみ(色)はどれくらいが普通?

デリケートゾーンの黒ずみ度合い(色)

あなたがデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるのであれば、こう思ったことはないでしょうか?

「そもそもデリケートゾーンの色はどのくらいが普通なの?」

「デリケートゾーンの黒ずみってそもそもどこの部分のことを言ってるの?」

デリケートゾーンの黒ずみが気になっていても、そもそも自分の黒ずみの度合いがどれくらいなのかわからないですし、ネットで調べても、デリケートゾーン自体がどこの部分を指しているのか分かりづらいことも多いですよね。

 

みんなが言っているデリケートゾーンとはどこの部分を意味するのか、黒ずみの度合いや比較についてお話します。

 

デリケートゾーンの黒ずみってどこの部分のこと?

まず、『デリケートゾーン』についてですが、広い意味でいうと女性器周辺のことを指しています。

ただ、黒ずみに関しては、女性器の小陰唇・大陰唇(ひだ部分)を意味していたり、VIOラインを意味していたりと、各解説サイトなどで表現が曖昧です。

 

当サイトでは、VIOラインの黒ずみを『デリケートゾーンの黒ずみ』として表現していますが、実は、今お伝えした女性器の小陰唇・大陰唇についてもケア方法としては大きく差はありません。

どちらのお悩みにしても、このあとご紹介する方法でケアしたり改善することができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみの程度や度合い

デリケートゾーンの黒ずみの程度や度合いですが、多少の黒ずみは誰にでもあります。

あなたが気にしすぎているということも考えられますが、実際に黒ずみがひどいという可能性もあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる多くの女性が心配しているのが、彼氏や第三者からの目です。

黒ずみのせいでプールや温泉が恥ずかしい、彼氏とのエッチが恥ずかしいという悩みは非常に多いです。

 

当サイトで男性向けに行ったアンケートでも、「女性のデリケートゾーンの黒ずみが気になる」と答えたのは全体の7割という結果も出ています。

デリケートゾーンの黒ずみ度合いの比較表や、当サイトオリジナルアンケートの結果について以下のページで詳しくお話していますので、ぜひご覧になってみてください。

 

【効果あり!】デリケートゾーンの黒ずみを治す方法3選

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法3選

デリケートゾーンの黒ずみが気になると、当然ながら「どうにかしてきれいにしたい!」と思いますよね。

今読んでくださっているあなたは、もしかしたらすでに色んな方法をネットでご覧になっていたり、何かしらの方法を実践したことがあるかもしれません。

 

ここでハッキリ伝えておきたいのですが、効果のあるデリケートゾーンの黒ずみを治す方法は大きく分けて3つです!

後ほど他の方法についてもお話しますが、根拠と実績がある方法としては3つなのでご紹介します。

 

【一番人気】デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム

手ごろで使いやすく、芸能界でひそかに使用している人も多いデリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム。

一番人気のある方法で、デリケートゾーンの黒ずみケアとしては最も多く利用されている方法でもあります。

では、どんなメリット・デメリットがあるのかみてみましょう。

 

【メリット】

✔ 美容皮膚科や美容クリニック行かなくても手軽に黒ずみケアができる
✔ レーザー治療と比較すると費用が安い
✔ 肌質を問わず誰でも安全に使用することができる
✔ デリケートゾーンだけでなく、他のくすみや黒ずみが気になる部分にも使える
✔ 3カ月程度使えば黒ずみの改善が十分に期待できる

 

【デメリット】

✔ ほぼ毎日塗り続ける必要がある
✔ 最低でも3カ月程度は続けないと効果が感じにくい
✔ レーザー治療よりは安いが毎月4~5,000円の費用は必要になる

 

デメリット部分に関しては、デリケートゾーンの黒ずみを治したり改善しようと思うならクリアできない問題でもないと思います。

デメリットよりも、デリケートゾーン黒ずみ専用クリームを使うメリットが、他の方法と比較しても圧倒的に優れていることが人気の理由です。

 

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームおすすめ商品

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームは、通販で多く販売されていますが、特におすすめの商品を3つご紹介します。

当サイトで推奨している選び方のポイントを基準にピックアップしていますので、まずはどんな商品があるのかご覧ください。

 

イビサクリーム

イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームで人気No.1!

アットコスメやホットペッパービューティーで高評価のブラジリアンワックス脱毛専門サロンが開発したクリーム。

人気や口コミでも安定感があるため、黒ずみケアが初めてという方に特におすすめ!

【こんな方におすすめ!】

✔ デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームを使うのが初めて
✔ 口コミで人気の商品を使いたい
✔ まずは売れ筋の商品を使いたい

 

ホスピピュアVIO

ホスピピュアVIO

湘南美容外科と共同開発のデリケートゾーン専用クリーム!

デリケートゾーンの黒ずみのレーザー治療も行う湘南美容外科と共同開発されたデリケートゾーン専用クリーム。

エアレスチューブ式で最後まで無駄なく使用することができます。

【こんな方におすすめ!】

✔ 販売元の実績や信頼性は重要視したい
✔ 容器はプライバシーを重視された商品がいい
✔ 衛生的に使用できる商品がいい

 

デリケスキン

デリケスキン

脱毛サロンのミュゼが開発した新商品!

全国的に有名な脱毛サロン「ミュゼ」のスキンケアブランド「ミュゼコスメ」から新発売のデリケートゾーン専用美容液。

ポンプタイプで使いやすいのが特徴。

【こんな方におすすめ!】

✔ 販売元の実績や信頼性は重要視したい
✔ チューブ式のクリームは使いにくいと感じる
✔ 美白成分が豊富な商品を使いたい

 

先ほどお話したように、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームには、いくつかの選び方のポイントがあって、そこがズレてしまうとせっかく購入しても意味がなくなってしまいます。

選び方のポイントや、おすすめの商品の口コミ、詳細についてはデリケートゾーン黒ずみ専用クリームおすすめランキングの記事でさらに詳しく解説しています。

 

【ややリスク高】皮膚科や美容皮膚科(クリニック)でのレーザー治療

「黒ずみがひどい」

「多少お金をかけてでも黒ずみをきれいにしたい!」

という場合には、皮膚科や美容皮膚科でのレーザー治療がおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみがちょっとひどいなという方や、クリームのように毎日塗らないといけないのは面倒だという方向けの方法です。

レーザー治療のメリット・デメリットについてみてみましょう。

 

【メリット】

✔ 黒ずみが重度でも効果が感じられやすい
✔ 数回の施術で黒ずみの改善がみられる場合が多い
✔ 専門医に状況や経過について相談できる

 

【デメリット】

✔ 他の方法と比較すると圧倒的に費用がかかる
✔ 施術を受けるためにクリニックに通院する必要がある
✔ 安全とはいえ、レーザー治療というリスクが伴う

 

早い段階で効果を感じることができる可能性が高く、正確性では最も高い方法だといえますが、あなたのデリケートゾーンの黒ずみの状態など、リスク面を踏まえたうえで検討するようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみにはレーザー治療とクリームどっちがいい?の記事では、レーザー治療の種類やクリームとの比較も行っています。

 

【安いけど効果薄】デリケートゾーン用石鹸

手軽にできるデリケートゾーンの黒ずみケアとして、クリームの次によく知られているのが石鹸です。

結論から言うと、黒ずみに対する効果はあまり期待できませんが、臭い対策にも有効な商品が多いため、デリケートゾーンの臭いも気になるという方は普段使いとしておすすめです。

 

価格的にもお手頃で人気があるのはジャムウ石鹸ですが、黒ずみもしっかりケアしたいという場合には、厚生労働省認可の美白有効成分配合のイビサソープの方がおすすめです。

 

美白有効成分配合「イビサソープ」

イビサソープ

価格3,970円(税別) ※定期コース
内容量140ml(約1カ月分)
配合成分イソプロピルメチルフェノール
グリチルリチン酸ジカリウム
ビタミンC誘導体など5種のビタミン
その他6種の美容成分

>> イビサソープについてもっと詳しくみる

 

【一目でわかる!】デリケートゾーンの黒ずみをきれいに治す方法まとめ

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法について、より期待のできる方法を3つに絞ってご紹介しましたが簡潔にまとめてみたいと思います。

 

【効果のあるデリケートゾーンの黒ずみを治す方法】

・デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームを使う
・皮膚科や美容皮膚科でレーザー治療を行う
・デリケートゾーン用石鹸を使う

人気があるのはデリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム。
黒ずみがひどい場合にはレーザー治療も考慮。
石鹸は臭いも気になる場合におすすめですが、上記2つがおすすめ。

 

ここでご紹介した3つの方法の詳細や、その他の方法については、最短1ヵ月!気になるデリケートゾーンの黒ずみをきれいに治す方法の記事をご覧ください。

 

ドラッグストアなどの市販薬でデリケートゾーンの黒ずみは治る?

ドラッグストア

先ほどご紹介した3つの方法は、デリケートゾーンの黒ずみに対して効果が期待できるものの、どうしても毎月の出費がかさんでしまいます。

 

「できればドラッグストアなどの市販で安い黒ずみケア商品はないの?」

とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、ここではドラッグストアなどの市販で購入できる黒ずみケア商品についてお話してみたいと思います。

 

ネットで噂の市販薬はデリケートゾーンの黒ずみに効果があるの?

Yahoo!知恵袋やツイッターなどのSNSで検索すると、デリケートゾーンの黒ずみに関する様々な市販薬が登場します。

 

【ネットでよく見る】薬局・ドラッグストアで買える黒ずみケア商品

・ワキレホワイト
・アットノン
・バイオイル
・ニベアクリーム
・オロナイン
・ヴァセリン(ワセリン) など…

 

結論から言うと、それらの市販薬ではデリケートゾーンの黒ずみの改善に期待できません。

理由は、厚生労働省認可の美白有効成分が配合されていないからです。

 

デリケートゾーンの黒ずみをきれいに治すには、原因であるメラニンに直接働きかける成分が配合される必要があります。

美白有効成分が配合されているかどうかを見極めるには、商品の説明に「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」という文言が入っているかどうかで判断できます。

 

ドラッグストアなどで購入できる市販薬はプチプラで安価ですが、本当に効果が期待できる成分を配合すると価格も多少上がってしまうというわけです。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは「美白有効成分」

「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」という美白効果を謳うことができるのが、厚生労働省認可の美白有効成分です。

現在、約20種類ほどが認可されているのですが、認可を受けるハードルは非常に高いといわれているため、その効果の信ぴょう性は非常に高いといえます。

 

この美白有効成分が入っていない商品は、美白効果があるとはいえないので、デリケートゾーンの黒ずみに限らず、美白化粧品を探す場合には注意するようにしてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみは美白有効成分で治す!

デリケートゾーンの黒ずみをレーザー治療以外で治すには、美容液であれクリームであれ、美白有効成分が入っている商品を使うことが一番の近道です。

では、その美白有効成分にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある「美白有効成分」とは

美白有効成分とは、医薬部外品の中に位置付けられている成分です。

医薬部外品自体の意味は「長期的に使い続けることで症状の改善効果が得られる」というものなので、美白有効成分を使い続けると美白効果が得られるということになります。

 

先ほども少し触れましたが、この美白有効成分が入った商品は以下のような表現をすることが可能です。

  • 「メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ」
  • 「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」
  • 「美白」

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白有効成分はトラネキサム酸

約20種類ある美白有効成分の中でも、デリケートゾーンの黒ずみにおすすめなのは『トラネキサム酸』です。

なぜトラネキサム酸がおすすめ?
  • メラニン生成の肝であるメラノサイトに直接働きかける
  • 美白だけでなく肌荒れにも効果がある
  • 医療の現場でも肝斑(シミ)治療の内服薬として扱われてきた実績がある
  • ハイドロキノンと比較して低刺激

といったことが挙げられます。

実際に、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームでは、トラネキサム酸を配合した商品が増えてきています。

 

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに使用すべきでない理由

美白有効成分の中でも、「肌の漂白剤」として知られるハイドロキノンが最も強力だといわれているのですがご存知ですか?

皮膚科や美容皮膚科で処方されたり、個人輸入でネットで購入することも可能なのですが、ハイドロキノンをデリケートゾーンに使用するのはおすすめできません。

 

効果的には強力ですが、その分リスクも大きく、使用方法やアフターケア、保管方法にも注意しないと副作用を起こしてしまう危険性があるからです。

濃度を薄めた安全なものもありますが、デリケートゾーンに取り返しのつかない肌トラブルを招くリスクを避けるためにも使用は控えたがよいです。

 

【一目でわかる!】美白有効成分についてのまとめ

デリケートゾーンの黒ずみ改善に効果的な美白有効成分についてお話しましたが、ここで簡潔にまとめてみたいと思います。

 

【美白有効成分についてのまとめ】

・美容液やクリームを使うなら美白有効成分配合の商品を使う
・美白有効成分は厚生労働省認可の美白成分
・美白有効成分の中でもトラネキサム酸がおすすめ
・ハイドロキノンのデリケートゾーンへの使用は控えること

 

 

やっても効果なし?家で自分でできる黒ずみ解消法

最後に、家にあるものなどで自分でできる黒ずみ解消法についてご紹介します。

初めにお伝えしておくと、これらでデリケートゾーンの黒ずみが改善できたという例は極めて少ないため、参考程度だと思ってくださいね。

 

ネットで噂の方法でデリケートゾーンの黒ずみに効果があった例はほぼなし

女性向けの掲示板やSNSをはじめ、デリケートゾーンの黒ずみを家にあるもので改善しようとした体験談や方法は多く寄せられています。

ごくまれに「少し薄くなった気がする」というものを見ることもありますが、9割以上は効果なしだったというものばかりです。

 

どんなものがあるのか見てみましょう。

【家にあるものでデリケートゾーンの黒ずみが改善できる?と噂の方法】

・ヨーグルト(ホエー)パック
・馬油(ソンバーユ)
・玄米や米のとぎ汁
・豆乳ローション
・はちみつ
・リンゴ酢 など…

 

まだまだたくさんあるのですが、Yahoo!知恵袋で実際に検索するとよくわかります。

「試したけど効果がなかった」

というものばかりなんです。

 

そもそも、これらを毎日デリケートゾーンに塗り続けるというのが難しいと思いませんか?

それよりも、実際にデリケートゾーンの黒ずみが改善できたという例がより多い方法を試した方が早いです。

 

【一時的に対処!】水着からはみ出るデリケートゾーンの黒ずみを隠したい!

「海やプールに行きたいけど、一時的にデリケートゾーンの黒ずみを隠したい!」

「黒ずみをすぐに対処したい!」

という場合もあると思います。

デリケートゾーンの黒ずみは元からきれいに治すのが一番ですが、どの方法でも多少の時間はかかってしまうので、季節によっては間に合わない場合も…。

 

そういったときには、ボディファンデーションで一時的に隠すという方法があります。

芸能界でも使用される場合があり、お肌の色に合わせて様々なタイプのファンデーションが販売されています。

デリケートゾーンの黒ずみが下着や水着からはみ出す!どう対処する?の記事で、おすすめのボディーファンデーションをご紹介していますので参考にしていただければと思います。

 

早くデリケートゾーンの黒ずみを改善するには何か始めてみることが重要!

ここまで読んでいただくとお分かりかと思いますが、デリケートゾーンの黒ずみを改善したり、きれいに治すにはレーザー治療を行うか、美白成分でケアしていくことが最善の方法です。

美容皮膚科でのレーザー治療はやや敷居が高かったり、リスクも伴うので、自分で誰にもバレることなくデリケートゾーンの黒ずみを改善したいと思う方が多いですが、その場合には専用クリームを使うことがベストな方法です。

 

何もやらなければ、デリケートゾーンの黒ずみが改善されることはありません。

少しお金が掛かってしまいますが、半年後にでもデリケートゾーンの黒ずみに改善がみられるようになれば、男性からの目を気にすることもなくなりますし、温泉やプール、海に行っても堂々と素肌を見せることができます。

 

是非、この機会にあなたに合った方法を始めてみませんか?

 

デリケートゾーンの黒ずみ改善におすすめの記事です